SMテレフォンセックスをプレイしていることが露呈する快楽

SMテレセ

SMテレフォンセックスをプレイしていることが露呈する快楽

SMテレクラを使ったSMテレフォンセックスに耽溺しているということがバレたならば、あらゆる社会的信用を失う可能性があります。

しかし、この「誰にも言えない変態性欲である」という後ろめたさや、社会的信用喪失のリスクは、SMテレフォンセックスの快楽を強めてくれるスパイスでもあります。

もし、こういった後ろめたさやリスクが微塵もなかったならば、SMテレフォンセックスというものは、じつに味気ないありふれた快楽でしかなかったのだし、私をここまで魅惑しトリコにすることもなかったのではないでしょうか。

SMテレクラを利用する人間は変態です。変態と聞くと、「話が通用しないのでは」だとか「怖い」などといって身構える人がいるかもしれませんが、変態というのは、変態性欲を満たすプレイをしている時間以外は基本的には過剰なまでにまともな人間ばかりです。

理解しがたい変態行為であるSMテレフォンセックスをプレイするということ。これは、居酒屋などでするちょっと逸脱した「やんちゃっぷり」をアピールするためのアウトロー的な自慢話としては、少しばかり変態すぎる話題であるように思われます。

いや、なかには、「自分はSMテレフォンセックスを毎日プレイしており、女王様に言葉でもって射精管理され、手で触れられることなく声のみで尻の穴を開発されまくっているどうしようもないマゾ豚なのだ」ということを、日々の疲れを癒やしたりストレスを解消するために酒を飲むまわりの酔客たちの迷惑も顧みずに、むしろ、それをことさらに喧伝して演説するかのように、みずからの性的倒錯の様子や濃厚なSMテレフォンセックス体験談を大声でわめきちらす猛者もいるかもしれません。

ですが、多くの場合において、SMテレフォンセックスという性的倒錯の最終地点のような性行為は、「秘儀」として扱われているのであって、それは、世間の陽の目を浴びる場所でおおっぴらに話題にされるということはありません。

私としても、もし、会社の飲み会などで、そのような「SMテレフォンセックスの同志」とも呼べるマゾ豚の演説に立ち会ったとしたならば、じつに居心地の悪い想いにとらわれるに違いありません。

上司や同僚や後輩などに向けて、苦笑しながら「いやはや、ああいうのは困りますね。ハハハ」などといって、まるで自分はSMテレフォンセックスなどという単語を聞いたことがないのだ、ということを演じはじめさえするでしょう。

少なくとも「おお!同志よ!私もSMテレクラを愛好し、SMテレフォンセックスに興じる真性変態の仲間なのだ!ともに祝杯をかわそう!」などといって、演説をする彼のもとにかけより、その手を握りしめるというような感動的な出会いになることはありません。

心のなかでは「ああ、おれもだ。おれもまた、SMテレフォンセックスを通じて自分が家畜以下のマゾ奴隷であることだけが生きがいのどうしようもない変態だ。SMテレフォンセックスをしている時間以外に生の実感を得ることができないSMテレフォンセックスの中毒者だ!おまえと同じようにな!」と叫んでいても、ジッと黙り込むことしかできないのです。

それどころか「バカ!ここはSMテレクラじゃないんだぞ!わかってるのか?SMテレクラ以外の場所でSMテレフォンセックスという言葉を出すなんて愚かなことを、どうしてしでかそうと思ったのだ!おまえはもう終わりだ!」という非難の声さえ全身に充満することでしょう。

もちろん、その非難の声を届けた瞬間、私もまた演説者と同様に「SMテレフォンセックスの熱心なプレイヤー」であることがバレてしまうために、その言葉を飲み込み、胃酸で溶かしてやらなければなりません。

SMテレクラを利用したSMテレフォンセックスの成果により「演ずる」という行為にはある程度の自信はあるものの、こういった場面での私の「SMテレフォンセックスとは無縁の男性」としての演技は、それが演技であるということが露呈した瞬間に身を滅ぼすものであります。

ですから、私の「性的に健常な人間」としての演技、「良識に背く対象に眉をしかめる程度の健全な人間」としての演技には自然と熱が入ることになります。その演技は、あまりに熱っぽく、わざとらしいので、同席した同僚や部下や上司などに「こいつ、もしかしてSMテレフォンセックスのプレイヤーなのか?」という疑いを与えることになるかもしれませんが、「SMテレクラを利用してSMテレフォンセックスをしている」という事実を隠すために必死な私は、そのことに決して気づくことがないでしょう。

SMテレフォンセックスというのは、このような「露呈への恐怖」に支えられて快楽を強められているのです。薄い氷を一枚踏み抜いたが最後、SMテレフォンセックスプレイヤーの烙印を押され、社内を歩くだけで「ほら、あの人、あれよ、SMテレクラの」「ああ、うわさのSMテレフォンセックスね」と後ろ指をさされてヒソヒソ話をされる危険性を秘めているからこそ、SMテレフォンセックスというのはプレイのしがいがあるのです。

しかし、もっとも恐ろしいのは、「世界中の人間に自分がSMテレフォンセックスのプレイヤーであるということが露呈してしまい、その結果、道行くすべての人間にすれ違いざま罵倒され、嘲笑され、つばをはきかけられ、どつきまわされ、ゴミ箱のなかに顔面をつっこまれ、汚物を投げつけられる」というような状況に身を置くことによって得られるマゾヒスト的な快楽を思う存分に堪能したいという抗いがたい魅力に満ちた誘惑です。

私は、こういった、「起きている時間つねにマゾ豚として認識され、あらゆる人間から最底辺の人間だと思われたい」という誘惑とも日々戦い続けています。

ゾッとさせられたのは、仕事で使っているノートパソコンのなかのファイルを整理していたときに、パワーポイントを駆使した「SMテレフォンセックスの快楽と、その快楽から見えるビジネスの可能性」というファイルが出てきたときです。そこには、多数のSM画像を使ったSMテレフォンセックスの魅力を紹介するプレゼン資料がありました。

私には、そんな資料を作成した記憶がありませんでした。おそらくは、最高のSMテレフォンセックスをプレイした直後に浴びるほど酒を飲んだ夜に、SMテレフォンセックスの尋常ではない快楽の余韻と酒の勢いを借りて一気呵成につくりあげた資料だったのでしょう。

そこには、SMテレクラとはなにか、という基本的事項から、テレフォンセックスとSMテレフォンセックスの親密な関係、そして、SMテレフォンセックスという性行為の魅力や、実際の体験談、そして、それを私が従属する会社の新しい商品と結びつけるためのアイデアと提案などが、あますところなく記されておりました。

私は、この資料をプロジェクターからスクリーンに投影し、でかでかと表示された女王様の写真とキャプションの映像を前にして、滔々とSMテレフォンセックスの魅力について語ってプレゼンする私の姿を想像してみました。

学生時代に身に着けた雄弁術は、日々、SMテレフォンセックスという知的かつ痴的対話の応酬によってさらに鍛えられており、SMテレフォンセックスの魅力について語る私のプレゼンは、同僚や部下や上司に動揺を与えながらも、しかし、ぐいぐいと引き込んでいく力を持っていました。

女王様と自分との間にサドマゾ的な快楽を可能な限り多様に引き出す難しさに比べたら、ビジネスのためのプレゼンテーションなどははっきりいって赤子の手をひねるようなものであり、朝飯前なのだ、と言わんばかりの私の雄弁をまえに、ただ上気した顔を向けて熱狂のなかで耳を傾けることしかできない同僚や部下や上司たちを眺めて、私は、マゾ豚であるはずなのに、いっときのサディスト的快楽を実感します。

しかし、私の一方的なサディズム行為であるSMテレフォンセックスのプレゼンという蛮行は、そのプレゼン終了と同時に、私の全社会生活を破滅に導く方向へと舵を切り、それが雄弁であればあるほど取り返しがつかない形で、私の皮膚のうえに「SMテレフォンセックス愛好者」としての烙印を押すことになるのです。

私は、自分の雄弁が原因となってみずから墓穴を掘るかたちでマゾ豚であることを告白してしまい、「SMテレクラでSMテレフォンセックスをする快楽に耽溺するマゾ奴隷」という烙印を押される自分の姿と、その後の社内での迫害を想像するだけで、激しく勃起していました。

私は、「居酒屋で弁論をふるおうとする架空の同志のように、会社のプレゼンテーションの場でマゾ奴隷であることを告白するべきなのではないか?」という強すぎる誘惑に目眩がするほどの欲望を感じました。

このままでは、この酔狂としかいいようがないファイルを開いてプレゼンをするという想像は、現実化してしまう。その一歩手前の地点まで私は進んでいたと思います。

SMテレフォンセックスをプレイするのは、まさに、こういった「限界」がきたときに限ります。「こつこつと築きあげてきた社会的信用をたった一回の性的衝動ですべて失ってしまいたい」という欲望がピークに達し、それがあふれる直前にSMテレクラにコールし、女王様に調教される瞬間こそ、SMテレフォンセックスをプレイする最高のタイミングなのです。

このような綱渡り、衝動をこらえるためのチキンレースを繰り返していると、いずれ大失敗をおかすことになるだろうと思います。

居酒屋の架空の同志の演説や、想像上の雄弁なプレゼンは、「それを考えた」という時点で、いつでも「それを実際の行動としてなぞる」ことを私に要求してくるものでもあるのです。

おそらく、私が社会的信用を失う性的告白を他者に向けてぶちまける日はそう遠くないのではないかと思います。

その最終的なきっかけは、おそらく、私を調教するSMテレクラの女王様によって与えられることになるでしょう。私は女王様の命令には絶対に従うマゾ豚ですから、女王様によって「おまえはこれから自分の性癖を世界中に向けて発表し、その発表によってあらゆる人間から蔑まれなければならない」と命令されたならば、明日にでも命令通りの行動をとることになるでしょう。

ですが、いまのところは、幸か不幸か、SMテレフォンセックスをプレイする女王様からそういった直接的な命令をくだされることはありません。私の性的衝動はいますぐにでも溢れそうでありながら、その最後のきっかけだけは巧妙に回避されているのです。

ですが、時間の問題でしょう。私のようなペースでSMテレフォンセックスをプレイしていれば、いずれ、勘が鋭いセンス抜群の女王様が、私に「すべてを失い、罵倒されよ」という命令をくだすはずです。

私はその命令がくだされるのを恐れながらも、同時に、何よりも待望しているのです。この矛盾する欲動こそが、いまの私のSMテレフォンセックス熱を燃焼させ、プレイを過激化させ、他の追随を許さない変態性へと到達するエンジンになっているということは、まず疑いようがありません。

オススメのSMテレフォンセックス
(更新日:2019/12/16)

テレフォンセックスあるいはSMテレクラに関する記事を読んでムラムラする・・・だけ
があなたの目的ではないですよね?実際に体験するのが目的のはずです。

そこで、無料でテレフォンセックスもしくはSMテレクラを体験できる方法をご紹介します!

テレフォンセックスあるいはSMテレクラで、非常に人気で満足できそうなダイヤルを以下にご紹介します。(人妻や熟女を専門としたテレクラもありますが、SMテレフォンセックスに特化するため、あえて掲載してません。)
ラッキーコードなる数字を記載していますが、これこそが無料通話をするための方法です。

  1. 画像かボタンをクリックしてテレクラサイトに行く
  2. お近くのセンターの電話番号を確認してコールする
  3. ラッキーコード入力(プッシュ?)

流れはこれだけです。
せっかくこのページ経由ならではの無料通話ができますので、なんだったら全部利用してみましょう。その方がお気に入りのパートナーが見つかりやすいはずです。

【18禁】smツーショット

  • 特典最大4,000円分無料
  • ラッキーコード9297

SMツーショットを楽しみたいならここ。変態女性のコール数が凄まじいと評判。まさにSM専門のツーショットダイヤルです。
ラッキーコード9297をプッシュすれば無料ポイントがゲットできます。

【18禁】テレクラマックス

  • 特典最大4,000円分無料
  • ラッキーコード9417

業界最大手。知名度も人気も、そして女性数も圧倒的に多いテレクラ。初めてという方にはまずお勧め。もちろんエロさ満点です。
テレフォンセックス専門でもSM専門でもないですが、有名なテレクラで登録女性も多く、もちろんそういう性癖の女性もいるので人気というわけです。
ラッキーコード9417をプッシュすれば無料ポイントがゲットできます。

【18禁】SM満足

  • 特典最大20,000円分無料
  • ラッキーコード12013

サドマドならマンゾクに全員集合です。マンゾクの変態ツーショットダイヤルなら、人にいえない変態プレイの理想が実現できるでしょう。
ラッキーコード12013をプッシュすれば無料ポイントがゲットできます。

【18禁】スイートコール

  • 特典最大40分間無料
  • ラッキーコード445021

全国対応でセンターが多いので、近所の女性とつながりやすいのが特徴。スケベな女性があなたの近くにいます。
テレフォンセックス専門でもSM専門でもないですが、有名なテレクラで登録女性も多く、もちろんそういう性癖の女性もいるので人気というわけです。
ラッキーコード445021をプッシュすれば無料ポイントがゲットできます。

【18禁】エゴイスト

  • 特典最大20,000円分無料
  • ラッキーコード12052

エゴイストは老舗のマンゾクグループによるM男専門のテレクラです。調教を希望するマゾ男性にぴったりの女王様が高確率で見つかるでしょう。
ラッキーコード12052をプッシュすれば無料ポイントがゲットできます。

【18禁】ハニーライン

  • 特典最大6,000円分無料
  • ラッキーコード444735

生々しいテレホンセックスで評判のテレクラ。それでいて出会える確率も高いとか。サービスでの無料通話時間が長いのも特徴です。
ラッキーコード444735をプッシュすれば無料ポイントがゲットできます。

【18禁】イエローキャット

  • 特典初回1,000円分無料
  • ラッキーコード8075

S男にもM男にも対応のSM専門ダイヤル。S男×M女、女王様×M男の組み合わせなどコーナーが多彩です。
ラッキーコード8075をプッシュすれば無料ポイントがゲットできます。

【18禁】エクスタシークラブ

  • 特典初回4,000円分無料
  • ラッキーコード9238

SMマニアのためのSM専用ツーショットダイヤル。SM系テレクラの中では超有名。それだけたくさんのマニア女性が集まっています。
ラッキーコード9238をプッシュすれば無料ポイントがゲットできます。

【18禁】名人倶楽部

  • 特典最大4,000円分無料
  • ラッキーコード9264

テレホンセックス専門ダイヤルの中でもマニアに人気のテレクラ。スカトロ、アナル、臭い・・・フェチな欲望を満たしたいならここ。
ラッキーコード9264をプッシュすれば無料ポイントがゲットできます。

【18禁】ハニートーク

  • 特典初回5,000円分無料
  • ラッキーコード11889

出会いたいならここ。即アポ、即会い率が高いことで評判。センターが多く各地にあるのでご近所さんと出会いやすいとか。
テレフォンセックス専門でもSM専門でもないですが、有名なテレクラで登録女性も多く、もちろんそういう性癖の女性もいるので人気というわけです。
ラッキーコード11889をプッシュすれば無料ポイントがゲットできます。

【18禁】テレホンSEX

  • 特典初回5,000円分無料
  • ラッキーコード11897

テレホンセックス専門。全国に144箇所ものセンターを持つテレクラだからこそ、近所のスケベ女とのつながりが感じられると評判です。
ラッキーコード11897をプッシュすれば無料ポイントがゲットできます。

【18禁】ハーレム

  • 特典最大20,000円分無料
  • ラッキーコード12051

人妻熟女とのノーマルなツーショットダイヤルからアブノーマルテレフォンセックスまで、ハーレムは人妻熟女マニアのニーズに的確に応えています。
ラッキーコード12051をプッシュすれば無料ポイントがゲットできます。

【18禁】華の会ツーショット

  • 特典最大10,000円分無料
  • ラッキーコード5001

華の会ツーショットは女性は30歳以上、男性は35歳から利用可能な熟年テレクラで、中高年とはいってもまだまだシニアにはならない年齢層の男女がSMテレフォンセックスを楽しんでいます。
ラッキーコード5001を登録すると無料ポイントがもらえます。

【18禁】熟年電話

  • 特典最大10,000円分無料
  • ラッキーコード5003

熟年電話は60代以上の中高年だけに利用が限定されている熟年テレクラです。シニアが同世代との熟年交際をはじめるきっかけの場所として優秀ですが、もちろん、シニア同士のSMテレフォンセックスも楽しめます。
ラッキーコード5003をプッシュすると無料ポイントがゲットできます。

SMテレセテレフォンセックス
SMテレフォンセックス