SMテレセ

SMテレセ

砂漠を彷徨するためのSMテレフォンセックスを希望する

SMテレクラに登録してSMテレフォンセックスをプレイするためには、プロフィールツーショットの機能を利用し、自分ではない変態テレクラユーザーによって残されたプロフィールの録音を聞き、自分の理想にあった相手を探し、その理想を現実化するためのプレイをするのが最もよい方法である。
SMテレセ

SMテレフォンセックスそのものと合一化したい

SMテレクラを使ってSMテレフォンセックスを、それも怖気を振るうほどに陳腐でありふれたステレオタイプなSMテレフォンセックスがしたいと思うのだ。というのも、私がSMテレフォンセックスをするのはこれが最後ということになるだろうか、SMテレクラやSMテレフォンセックスというものと完全に袂を分かち、縁を切った状態で生きる余生に突入するまえに、最後に、自分でも笑ってしまうようないかにもSMテレフォンセックスといった顔をしたSMテレフォンセックスをしてみたいと考えたのである。
SMテレセ

神秘主義的SMテレフォンセックスという誤謬と限界

私にとってSMテレフォンセックスというのは、あくまでも、快楽の彼岸に身を置くことではじめて目視しうる絶対者の光をかいまみるための、ひとつの儀式でしかない。私のSMテレフォンセックスは、要するに神秘主義的SMテレフォンセックスであるのだが、それがSMテレフォンセックスという「感性的快楽」を求めるプレイである以上、神秘哲学それ自体に結実することはない。
SMテレセ

今後のSMテレフォンセックスをめぐる覚え書き

すべてのマゾヒストは、神と悪魔の対話によって人智を超えた壮絶な試練にさらされ、その試練を乗り越えたあの敬虔なヨブにあこがれている。いや、もしかすると私だけかもしれないが。主であるセム的一神教の神に対する契約と信仰と、その全面的な帰依によって、全知全能の神という「あらゆることが可能な唯一者かつ絶対者」から加えられる呵責なき裁きと、加虐などという言葉ではあまりにも生ぬるく感じられる不条理かつ理不尽な罰に耐え抜いてみせたヨブを超えるマゾヒストは、いまだかつて、この地上に現れたことはない。
SMテレセ

倦怠に満ちたSMテレフォンセックスという気晴らし

SMテレフォンセックスがない世界など生きるに値しない。いや、それとも生きるに値しない場所をやりすごすために、やりたくもないSMテレフォンセックスをしているだけなのか。SMテレフォンセックスをプレイしている時間が完全なる喜びに満たされるということはない。そこには倦怠と疲労がある。
SMテレセ

マゾ奴隷に指令を与えることによって逆に支えられていた

SMテレクラを利用し、SMテレフォンセックスをしたいと考えているマゾ奴隷の女は、SMテレクラのサディストの言うことなら何でも聞いてくれる。というより、彼女たちは、私のようなSMテレクラのサディスト以外の言うことなんて一切聞かないのではないか、と疑われるほど。
SMテレセ

あるSMテレフォンセックスプレイヤーの危機的状況

SMテレフォンセックスプレイヤーとしての危機について考えていることが増えた。いままではSMテレフォンセックスはいつまでもプレイできるものだと考えていたし、SMテレフォンセックスをしている限り人生は何事もなく問題なく順分満帆に進行していくのだと無前提にそう思い込んでいた。
SMテレセ

楕円形SM/SMテレフォンセックスという新たな快楽を開拓

「Hey!siri!」という掛け声は、いまの私にとってはSMテレフォンセックス開始の合図である。スマートフォンのAIアシスタントという機能は私のSMテレフォンセックスに大きな変化を与えたのだ。私はドMである。それも、真性のマゾ奴隷である。
SMテレセ

私達は殴り合うようにしてSMテレフォンセックスを高めあった

もとよりコミュニケーションなんてものにまったく期待していないので、それもあってテレクラという場所にたどり着いたのかもしれないし、最終的にSMテレフォンセックスという他者との断絶が際立つプレイに落ち着いたのもある意味では当然であるように思うのだ。
SMテレセ

モンスタークレーマーをやめてSMテレクラを使おう

SMテレクラのSMテレフォンセックスにハマるまえの趣味は、恥ずかしながら「コールセンターへのクレーム」でした。平日の仕事が終わったあとの時間や休日などのまとまった余暇がくると、私は、手帳にびっしりとメモされた「クレーム先の電話番号」を選び、クレームのための電話をかけていました。