sm_master

SMテレセ

SMテレフォンセックスをプレイしていることが露呈する快楽

SMテレクラを使ったSMテレフォンセックスに耽溺しているということがバレたならば、あらゆる社会的信用を失う可能性があります。しかし、この「誰にも言えない変態性欲である」という後ろめたさや、社会的信用喪失のリスクは、SMテレフォンセックスの快楽を強めてくれるスパイスでもあります。
SMテレセ

究極のSMテレフォンセックスを24時間365日プレイする真性M男

SMテレクラというものに登録してSMテレフォンセックスというものをプレイしてみるまで、わたくしは自分がM男と呼ばれる男性であるということをまるで自覚していなかったのであります。わたくしの性生活というのは実に慎ましいものでした。
SMテレセ

SMテレフォンセックスはテレクラM奴隷のメス豚女の献身で成立する

自分のサディズムと相性がいいテレクラM奴隷のメス豚女との回線が繋がるということはほとんど奇跡にも近い出来事だと考えたほうがいい。SMテレクラを使っていれば必ず至高のSMテレフォンセックスができるというわけではない。
SMテレセ

SMテレフォンセックスの奴隷は享楽から逃れられない

あの酸鼻を極めるSMテレフォンセックスなど二度とするものか、と考えていても、気がつくとSMテレクラに電話しており、またSMテレフォンセックスをプレイしてしまう、そして、ますますSMテレフォンセックスの虜になってしまうというのは、やはり、私が調教済みの奴隷だからなのだろうか。
SMテレセ

SMテレフォンセックスとアナルオナニーの相性は抜群

SMテレフォンセックスを最高に気持ちいい性体験にするためには、なんといっても事前の準備が寛容だ。備えあれば憂いなし……SMテレフォンセックスの成功はどれだけ用意周到であるかにかかっている。もちろん、用意周到であるだけでSMテレフォンセックスがうまくいくというわけでもない。ときには、SMテレフォンセックスの流れに応じて、SMテレフォンセックスのための準備をまるごと捨て去って、臨機応変に対応しなければならないということもある。
SMテレセ

真性M奴隷はSMテレフォンセックスの声と言葉を身体に刻む

SMテレフォンセックスを通して与えられた女王様からの罵倒の言葉を、テレクラM奴隷である私の心身の隅々にまで刻みつけること。これこそが私のSMテレフォンセックスにおける最大の快楽だ。サドマゾ調教においては、人間というものをモノや家畜として扱うというプレイは基本である。その基本的なモノ化、家畜化プレイにおいて有効な手段とされているのが、「裸体への落書き」である。
SMテレセ

SMテレフォンセックスにおける快楽中間管理職の密かな楽しみ

SMテレフォンセックスをするのも楽しいが、伝言ダイヤルなどを使ってSMテレフォンセックスの相手となる女性を探すのも楽しい。ときには、SMテレフォンセックスをプレイする以上に、SMテレフォンセックスを求めているという女性の録音された声を聴くことそれ自体に激しく興奮してしまうことがある。
SMテレセ

SMテレフォンセックスによる遠隔射精管理が限界を超える

SMテレフォンセックスにおける寸止め射精管理はおそらく二時間近く続いていた。いや、時間の感覚はすでに失われていたから、もっと短かったのかもしれないし、それよりもずっと長い時間射精管理されていたのかもしれない。射精管理されつづけて汗だくになった私の体温上昇のように、連続通話によって充電器に差し込んだまま使用していたスマートフォンのバッテリーは発熱していた。
SMテレセ

SMテレフォンセックスによって切り開かれる快楽の新たな地平

もう普通のテレフォンセックスでは満たされない、ということに気づかされたとき、これからどうやって快楽的生活を送っていけばいいのだろう、と不安にかられました。かつてはテレフォンセックスのたびに興奮の坩堝と化していた私は、いつの間にやら、テレフォンセックスというものにマンネリを感じていたのです。ここでSMテレフォンセックスという選択肢が私に浮上してきたのは当然のことであったといえるでしょう。
SMテレセ

最低以下の人間の魂がSMテレフォンセックスの罵倒のなかで救われる

先程も、SMテレフォンセックスで人間の尊厳を回線越しの女王様に蹂躙された上で、そのあってないような醜悪な尊厳を電話回線の掃き溜めに捨ててきた次第でございます。いや、女王様によって人間の尊厳を踏み躙られる、人間の尊厳が蹂躙される、と書きましたが、これは間違いでした。すぐに訂正しなければならないでしょう。